医者と結婚したい

医者との結婚するのはハードルが高い。しかし…。

診察中の医師

婚したい職業のランキングで1位の常連。それが医者です。

平成20年の医師数調査(厚生労働省)によると男性医師の総数は234,702人です。このうちの3分の1程度の7〜8万人が独身医師の数だと推計されます。

ちなみに25歳〜49歳の独身男性は約790万人程度です。ですから独身の医師は日本全国の独身男性の1%しかいません。

医者との結婚を望む女性にライバルはとても多そうです。

それでも医者と結婚することは抜群の安定を手にすることにつながります。勤務医と開業医をあわせた医者の平均年収は1200万円程度です。49歳までの未婚男性の83.9%が年収400万円未満であることを考えると雲泥の差です。

しかも大手企業のサラリーマンや公務員とは異なり、経済環境にも左右されにくいので将来大きく年収が下がる可能性は低いでしょう。

このように書くと「医者と結婚したいなんて、結局お金が目当てと思われそう」と感じる人がいるかもしれません。

それは大きな間違いです。医者は医者になるまでに相当の努力をしています。最難関の医学部医学科の受験を勝ち抜き、6年間医学の知識や習得し、国家試験に合格して、2年間の臨床研修医の期間を経て、ようやく正式や医者になれます。

医者になってからも新しい最新の医療技術と向き合わなくてはいけません。医師としての年収はあくまでもこれまでの才能と努力の結果なのです。

女性として才能があり努力を継続できる男性に惹かれるのは当然のことです。医師の妻になろうとすることは強欲ではありません。

医者と結婚する方法を具体的に知りたい方はこちらのページをご覧ください


医師もオトコです

者というのは何かと誤解されやすい職業です。あまり接点がないと「普段はどんな人だろう」というのは想像がつきにくいかもしれません。

ひとつ言えるのは、医師も普通のオトコであるということです。

医者も支えてくれる恋人が欲しいし、結婚願望もあります。クヨクヨ恋に悩んだり失恋することもあるのです。

「そうはいってもお医者さんならモテるでしょう」と思われますが一慨にそうとも言えません。

前述のようにどうしても勉強優先な上に、社会にでるのが他の職業よりも遅くなるので、意外に「良い出会い」に恵まれる機会がなかったりもするのです。

確かに“職業が医者”というだけで一目置かれます。しかしそれは色眼鏡で見られることにもなるので、結婚を考える関係に発展するわけではありません。

独身の男性医師もあなたと同じように良縁を探しています。

ほとんどの女性は何となく「お医者さんと結婚したいな〜」と思っていても、具体的に医師と結婚するためにどうしたらいいのか知らないままです。

ほんの少しの知識と行動力で夢だった“医師の妻”は現実になる可能性があるのです。

医者と結婚する方法を一般女性と結婚した医師が教えます。